脱ステロイド・脱保湿|メトセラクリーム

脱ステロイド・脱保湿

脱ステロイドと脱保湿

 

よく「脱ステロイド」「脱保湿」ということが聞かれます。

 

ステロイドは副作用があり、使い続けるのが良くない!と言われて、ステロイドを嫌う人もたくさんいます。

 

病院に行って、診察をした結果処方されたものを「良くない」と判断するのであれば、最初から病院に行く必要はありません。

 

まずは、この2つに対しての正しい知識が必要です。

 

 

脱ステロイド

脱ステロイドと言うのはステロイドを使わない方法ですが、勘違いしてはいけないのが
アトピーに対しての悪影響ではなく、ステロイドの副作用などによる悪影響を考えて
やめることが脱ステロイドです。

 

病院でステロイドをだされるのは、アトピーを改善する目的であって、
それが第一優先と
なっているのです。

 

そのため、自分で判断してステロイドを使用しないと言うことは、離脱症状やアトピーが
ますます悪化してしまう可能性もあると言うことがいえます。

 

まず脱ステロイドをするためには、ステロイドがやめられる状態まで改善してください。

 

自己治癒力も回復していない、かゆみがひどい状態で、むやみにやめてしまうことは
ストレスや睡眠不足、かきむしって悪化したり、合併症を引き起こす危険性もあるのです。

 

 

脱保湿

脱保湿は、過剰な保湿をする肌の保湿機能が働くなるため、保湿をしない方が良いという
考え方ですが、保湿というのは紫外線などの影響で、健康な肌にも必要なことです。

 

もともと乾燥してバリア機能が失われている状態で、保湿をしてあげないとダメージを
回復できないような肌に保湿をしなければどうなるでしょう。

 

できないことは補い、改善されてきたら減らす・・・というのが基本です。

 

 

 

 

たしかにやりすぎもよくないですが、やらなさすぎはもっとよくありません。

 

失敗しないためには、信頼できる医師と出会うこと!

 

脱ステロイドと脱保湿

そして、きちんと肌と向き合って、少しずつステロイドや保湿を減らして、健康な肌へと導くことが大切です。

 

メトセラクリームも継続ではなく、使い続けているうちに最終的に使わなくて良くなったという口コミがあります。

 

いきなりではなく「基本的な保湿とステロイドを使わない生活」を目指しましょう。

 

 

→子供のアトピーの症状が改善しました!


 
トップページ メトセラクリームの口コミ メトセラクリームの副作用 メトセラクリームの通販情報