メトセラクリーム

アトピーレーザー治療の話

レーザー治療

 

たくさんあるアトピーの治療方法の一つに、レーザー治療があります。
具体的な治療法として「首のそばにある星状交感神経」に
レーザーを照射して治療します。

 

ここを刺激することで、交感神経の緊張が適度に緩和して
自律神経の働きを改善することで、かゆみや赤みが
軽減する効果が期待できます。

 

レーザーは低出力の半導体レーザーを照射しますので、
治療中に肌は痛みや熱さを感じることはありません。

 

治療を行うことで、腫れや炎症の痛みやかゆみを取り除く効果が期待できます。
治療による副作用などの報告もされていません。

 

この治療法は、「子どもよりも、大人に効果的である」と言われています。

 

これは、成人型のアトピーではストレスなどの交感神経が
原因とするアトピーが多いためといわれています。

 

強いストレスによって、交感神経の過度な緊張をレーザー治療で
ほぐすことができて、アトピーの症状をやわらげる効果が期待できます。

 

ただし、レーザー治療は免疫力を正常化させることで、自然治癒力を高める効果はありますが、
この治療方法のみで完治できるものではありません。

 

アトピーの原因を正しく把握し、効果的な薬を使用しながら、
レーザー治療を併用することで、よりアトピー治療に役立っていくと思います。

 

→ アトピーを完治させるならメトセラクリームがオススメ

ステロイドの危険性を再認識しよう

ステロイドも毒になる

アトピー治療で一番有名な薬にステロイドがあります。

 

しかし「ステロイドは、使い続けると依存症になる」といったネガティブな話も耳にします。
ここでは、ステロイドの危険性などについて再認識していきましょう。
危険性として多くあげられる依存症ですが、多くの場合において、

 

「一度アトピーの治療で使うと手放せなくなる」

 

ということが、多く広まっているためです。

 

使い続けることで、本来皮膚が持っているバリア機能が
弱まってしまい皮膚病にかかりやすくなり、再度
使い続けてしまうといった悪循環になってしまうためです。

 

また、局所的な副作用として、細菌や真菌感染の誘発をしてしまうリスクが高まります。
これはステロイドが免疫を抑える作用があるためです。

 

具体的には、ニキビや毛嚢炎(もうのうえん)といった毛穴の細菌感染症にかかりやすくなります。

 

ステロイドの正しい使用量と回数を、医師と詳しく話し合った上で
使用していけば、アトピーの治療にも有効な薬品です。

 

しかし、間違った知識や薬の使い方をしてしまうために
アトピーの悪化や手放せなくなってしまう原因となるのです。

 

役に立つ薬も使い方ひとつで劇薬にもなってしまいますから、慎重に使用しましょう。

 

⇒メトセラES-27クリームの公式サイトへ


 
トップページ メトセラクリームの口コミ メトセラクリームの副作用 メトセラクリームの通販情報