アトピーと温泉|メトセラクリーム

アトピーと温泉

アトピーと温泉

アトピーを始め、皮膚疾患の治療のひとつとして有名なのが「温泉」です。

 

日本だけではなく世界中に温泉はありますが、どれひとつと同じ温泉はありません。

 

またアトピーに良いと言われる温泉がたくさんあっても、すべての人に合うというわけではないので、自分に合った温泉を見つけることが大切です。

 

温泉の成分は11種類に分かれ、その中からアトピーに良いとされているのが8種類ありますが、Aさんには良くてもBさんは痒くなってしまった・・・ということがあります。

 

一般的に単純温泉が一番優しいとは言われますが、肌の状態や症状によっても合わないことがあります。

 

小旅行や日帰り旅行はストレス解消になるというメリットもありますが、温泉治療は継続して入りつづけなくてはいけません。

 

そのため遠方だとなかなか通うのは難しいので、なるべく近場で
自分に合った温泉を
探すと良いでしょう。

 

温泉の入り方によっては、体の内側もしっかり温まったり汗をかいてしまうと、体が疲れて
しまったり、内側からしっかり温まってかゆくなってしまうことも。

 

水道水と温泉水の違いもありますが、温泉には特有の成分による効果があるので、
その効果をより実感するためには、それぞれの温泉の入り方も大切です。

 

自然治癒力を高めるための温泉の入り方などは、温泉湯治を勧めている医師に聞くのが
一番ですが、自分の体調や肌状態に合わせて工夫していくようにしてください。

 

お湯の温度に気を付けよう

アトピーと湯の温度

 

お風呂でもお湯の温度は熱すぎるのは良くありませんが、温泉でも同じです。

 

温泉はぬるめのところから熱いところもあり、熱いのが好き!と言う人もいますが、半身浴などデトックスをする時と同じように、アトピーの場合にもぬるめのお湯にゆっくり入ることがポイントです。

 

季節にもよりますが、40度を超えたお湯は体の芯から温まる前にあつくなってしまうので
それより低い温度でゆっくりと体内の芯から温め、汗をだすことで保湿効果もあります。

 

冬はどうしても寒いと熱いお風呂に入りたくなるかもしれませんが、アトピーのために
乾燥しないように心がけましょう。

 

アトピーでも安心!しっかり保湿ができるメトセラクリームとは?


 
トップページ メトセラクリームの口コミ メトセラクリームの副作用 メトセラクリームの通販情報