スキンケアで洗浄・保湿が基本|メトセラクリーム

スキンケアで洗浄・保湿が基本

洗顔クリーム

健康な皮膚を保つなら、重要なのが「洗浄」と「保湿」です。

 

清潔にするためには洗浄は欠かせない!と思うかもしれませんが、小まめに洗ったり
洗浄力が強いものを使ったり、ゴシゴシこすると皮膚にダメージを与えて、
バリア機能が低下してしまいます。

 

キレイにしているつもりが、肌トラブルを悪化させている・・・なんてことを続けていては
アトピーも悪化してしまいますし、脱ステロイドで安心した生活を送るのも難しいです。

 

お湯も乾燥をしてしまうので、ぬるま湯か水で成分の優しいもので優しく洗い流してください。

 

そして洗浄をした後にタオルでふくときも注意が必要で、こすらず優しくポンポンと
軽く吸い取って行ってください。

 

その後はすぐに保湿をすることが大切で、時間が経つと潤いは失われてしまいます。

 

アトピーや敏感肌で乾燥がひどい方は、ゲンナイ製薬のメトセラがオススメで、
乾燥をする前に塗ることでかゆみを防ぐこともできます。

 

成人アトピー治療をしているなら、1日2回、夏でもエアコンなどで乾燥しやすいなら、
メトセラは持ち運びも便利なので保湿効果をしっかり実感しながら、肌状態を確かめていきましょう。

かゆみを抑制する工夫

アトピーや敏感肌はバリア機能が弱く、どうしてもかゆみがひどくなりがちです。

 

掻いてしまうと、ますますかゆくなる・・・イライラするし、悪循環で辛いですが、
そんなときにまずはかゆみを抑制することが大切です。

 

一般的にはステロイドが治療に効果的だと使用されますが、緩和・抑制なので
できることなら脱ステロイドで安心した生活を送りたいと言う方もいます。

 

きちんと使用して、かゆみを抑えてからバリア機能を回復して正常化していくと
いうのが理想的かもしれませんが、どうしても手放せなくなってしまうことも。

 

そうならないためにも、アレルギーが原因であれば抗アレルギー剤を服用し、
原因をしっかり排除するというのも効果的です。

携帯用ポーチ

また、アトピーや敏感肌は乾燥しやすいので、どうしても乾燥してかゆみが
ひどくなるので、メトセラクリームのように皮膚を保湿していくことでも効果があります。

 

体が温まるとかゆみを引き起こす場合もあるので、お風呂のお湯をぬるめに
したり、虫刺されなどもそうですが、かゆいときには皮膚を冷やしてあげると症状がおさまります。

 

常にお肌が乾燥しないようにするのにはメトセラのような持ち歩けるタイプを常備することをオススメします。


 
トップページ メトセラクリームの口コミ メトセラクリームの副作用 メトセラクリームの通販情報